研究開発課題

companyname

先端技術による品種開発

作物変異集団大規模フェノタイピング
による有用素材開発
作物変異集団大規模フェノタイピングによる有用素材開|先端技術による品種開発・表現型予測システムの構築|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 世界最大規模の遺伝資源である20,000系統のトマト変異体集団を用いた高付加価値素材の単離
  • 気候変動や市場ニーズに迅速に対応するハイスループットな選抜技術の開発
薬用植物のゲノム育種の
基盤構築
薬用植物のゲノム育種の基盤構築|先端技術による品種開発・表現型予測システムの構築|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 薬用植物3種(ホソバオケラ、シナマオウ、ウラルカンゾウ)ゲノム解読
  • 染色体解析および有用形質に関連するDNAマーカー開発の基盤構築
  • ゲノム情報を用いたアカジソ優良品種の開発
作物ゲノム編集技術の
汎用化
作物ゲノム編集技術の汎用化|先端技術による品種開発・表現型予測システムの構築|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • タンパク質の一過的高発現系「つくばシステム」を利用した独自のゲノム編集技術の汎用化
  • 様々な植物で適用可能な形質転換を経ない方法の構築
ダイズにおける
高効率ゲノム編集法の確立
省力型生産技術による高付加価値作物の生産|先端技術による生産性向上システム開発|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 遺伝子組換えを伴わず、作物種や品種に依存しないゲノム編集技術をダイズに適用
  • ダイズ優良品種を基に機能性成分を高蓄積した新品種を開発
高成長かつ高機能性海藻の作出に
向けた新規育種技術の開発
作物生産を支援する天然由来素材の開発|先端技術による生産性向上システム開発|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 海藻細胞へのゲノム編集ツールの最適導入条件の検討
  • ゲノム編集海藻の高効率なスクリーニング法の開発
ブタにおける
高効率ゲノム編集技術の確立
省力型生産技術による高付加価値作物の生産|先端技術による生産性向上システム開発|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 受精卵エレクトロポレーション法によるゲノム編集条件の最適化
  • ゲノム編集ブタの作出と表現型の評価

トマトの表現型予測システムの構築

トマトの表現型
予測システムの構築
トマトの表現型予測システムの構築|先端技術による品種開発・表現型予測システムの構築|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 変異データ、成分データ、画像データから表現型データを収集
  • 学術文献情報から遺伝子の生物学機能や発現制御機構などの知識情報を網羅的・高精度に抽出しAIによる遺伝子機能予測システムの構築

先端技術による
生産性向上システム開発

省力型生産技術による
高付加価値作物の生産
省力型生産技術による高付加価値作物の生産|先端技術による生産性向上システム開発|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • AIによる植物群落と生育状況情報の収集と管理システムの開発
  • 衛星データ解析による温室内環境予測モデルの構築
  • 人と協働する自動走行ロボットによる栽培支援技術の開発
作物生産を支援する
天然由来素材の開発
作物生産を支援する天然由来素材の開発|先端技術による生産性向上システム開発|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 安全性が担保された有害生物防除剤(グリーン農薬)、植物生育促進剤(植調剤、バイオスティミュラント)の開発
  • 安全性が担保された有害微生物防除剤、植物生育促進剤の微生物生産・変換による大量調製技術の開発

先端技術により作出された作物の
社会実装加速化

植物工場における
ゲノム編集作物の生産システムの開発
植物工場におけるゲノム編集作物の生産システムの開発|先端技術により作出された作物の社会実装加速化|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • ゲノム編集技術による高機能・高付加価値作物の作出
  • 機能性成分を高位安定化させるための高度な生育環境制御技術の確立
  • これら新たな品種と環境制御技術を組み合わせ、高機能性ゲノム編集作物の高生産性システムの確立
先端技術により作出された
作物の理解と普及
先端技術により作出された作物の理解と普及|先端技術により作出された作物の社会実装加速化|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • ゲノム編集技術などの先端技術により作出された作物に関する専門的な情報を消費者等に伝えるための情報発信(説明動画の作成、セミナー等の開催)
  • 消費者が、ゲノム編集等で作出された作物にどのような価値を見出すかについて、社会科学・自然科学にわたる知見を用いて解明

新規機能性食品素材の開発

米由来の新規機能性
食品素材の開発
米由来の新規機能性食品素材の開発|新規機能性食品素材の開発・植物における有用物質生産|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 米胚乳タンパク質消化物中のぺプチドライブラリーを活用し、健康長寿社会に寄与する独創的、高機能な食品素材を開発する。
  • 機能性を有する中鎖ペプチドの研究開発及び安定した原料調達に向け、多収米品種でタンパク質含量を高める栽培方法を検討する。
味覚修飾物質ミラクリンの
機能性食品素材としての開発
味覚修飾物質ミラクリンの機能性食品素材としての開発|新規機能性食品素材の開発・植物における有用物質生産|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • ミラクリンは「酸味を甘味に感じさせる」味覚修飾タンパク質で、糖質制限する必要のある方に役立つことが期待されている。
  • 遺伝子組換えにより作出したミラクリントマトの社会実装に向け、効果や食品安全性の検証、生物多様性に配慮した安定生産技術の開発を行う。
  • ミラクリントマトを原料とした商品を試作し、バリューチェーンを構築して商業化を進める。
スギ花粉ペプチド含有米の
機能性食品開発
スギ花粉ペプチド含有米の機能性食品開発|新規機能性食品素材の開発・植物における有用物質生産|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • スギ花粉のアレルゲン由来成分を安全な形でコメに蓄積させた「スギ花粉ペプチド含有米」を開発した。
  • これを食べるだけで、アレルゲン由来成分が食べ物として体に取り込まれ、スギ花粉に対する“なれ”が生じると期待される。
  • 機能性健康食品としての実用化を目指す。
プロバイオティクスの
合理的な改変
スギ花粉ペプチド含有米の機能性食品開発|新規機能性食品素材の開発・植物における有用物質生産|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • より安全性の高い塩基編集技術の開発
  • プロバイオティクスの合理的なゲノム改変育種

植物における有用物質生産

植物における有用物質生産
植物における有用物質生産|新規機能性食品素材の開発・植物における有用物質生産|研究開発課題|産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム OPERA「食と先端技術共創コンソーシアム」
【研究内容】
  • 植物工場における環境制御技術の最適化
  • 有用物質の大量生産技術の構築
  • 植物一過的タンパク質発現「つくばシステム」による有用タンパク質生産技術の確立